睡眠まとめサイト




睡眠のメカニズム

睡眠のメカニズム

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠がありそれが一定のリズムで繰り返されています。

眠りに着くと ノンレム睡眠(深い眠り) 次に レム睡眠(浅い眠り)が交互に繰り返されます
(人それぞれですが約90分周期)

ノンレム睡眠(脳の眠り)
脳が眠る睡眠です。仮眠すると頭がすっきりしますよね?それは入眠直後にノンレム睡眠が来るので脳の疲れを癒しているからです。
仮眠する場合は目を閉じて居眠りするだけでも脳は休まるので効果的に取るといいと思います。
20分までがいいとされています


レム睡眠(体の眠り)
体は深い眠りに入りますが、それと反比例して脳は起きているような状態に
夢を見るときはこのレム睡眠中とされています。
目覚めの準備中なのでこのときに起きるとスッキリします。があまり睡眠時間が短いと体はそれだけ回復していないので、体が痛かったりします
専門家の方によると短い睡眠時間でノンレム睡眠に入る前に起きると体も回復していてスッキリ起きられるそうです。ですが、休日は少しだけ長めに(1時間程度)寝ると、精神面も回復するのでいいそうです。

やはり睡眠時間が短いといいことは内容ですね…。しかし寝すぎると体が痛くなったり、頭が痛くなったりとした経験はございませんか?

短すぎるのもいけませんが、長すぎるのもダメなようです。

■まとめ
・決まった時間に寝て決まった時間にねる
・疲れたからといって長時間寝すぎない

寝すぎると逆に精神や体が疲れ、次の日会社行きたくないな。。。といった具合にやんでしまうこともあるそうです

gallery
眠気を促す食べ物
睡眠のメカニズム
睡眠時間

眠れない時

バナースペース


忙しい時は睡眠時間も惜しいですよね。でも仮眠すると頭が冴え渡り効率アップです!